酒井悠輔の顔画像は?法政大学のイケメンホスト、彼女を殴り逮捕!?

MARCHの学生、イケメン、ホストという3拍子揃った男が、残念な末路を迎えてしまいました。

法政大学2年酒井悠輔容疑者が、19歳の女性を殴るなどして大けがをさせ逮捕されたこの事件。

一体2人の間に何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の概要


出典;wikipedia

歓楽街ではいろんなトラブルが付き物といえばそうなのですが。

今回は現役で法政大学に通うホストの男性が、未成年の19歳の女性に対して暴行を行ったということで話題になっています。

一体何があったのでしょうか?

事件の概要は・・・

法政大学の学生で、東京・歌舞伎町でホストをしている男が、交際相手の女性に大けがをさせた疑いで、警視庁に逮捕された。

法政大学2年の酒井悠輔容疑者(21)は、3月1日、交際相手の19歳の女性を新宿区の自宅に呼び出し、顔や腕を殴るなどして、大けがをさせた疑いが持たれている。

酒井容疑者は、歌舞伎町のホストクラブで働いているが、犯行前日、客として来ていた交際相手の女性が、料金61万5,000円を払えなかったことから、「逃がさない、地獄を見せてやる」と脅していた。

調べに対して、酒井容疑者は容疑を認めている。
出典;FNN

事件があったのは歓楽街の中ではなく、新宿にある酒井悠輔容疑者の自宅だったようです。

交際相手の19歳の女性を自宅に呼び出したのちに、暴行を加え大けがをさせてしまったのでした。


出典;FNN

顔や腕を殴って大けが、ということですから、相当ヒステリックな怒りだったと思われますね。。。

トラブルの原因は何だったのでしょうか?


出典;FNN

どうやら金銭トラブルだったようですね。

酒井悠輔容疑者が務めるホストクラブに、客として来ていた19歳の彼女でしたが、料金61万5000円が払えなかったためでした。。。

61万5000円って!?一体何をどうしたらこんな金額になるのだろうと思っちゃいますが、、、ホストクラブでは妥当な金額なんですかね。

ホストに貢ぐ、っていう話をたまに耳にしますが、こういうことなのかもしれないですね。。。

恐ろしい世界です。


出典;FNN

また「逃さない地獄を見せてやる」と脅していたようです。

いやはやとんだ彼氏ですね。。。

酒井悠輔容疑者はどんな素顔を持っていたのでしょうか?

スポンサーリンク

酒井悠輔容疑者の顔画像は?


出典;FNN

酒井悠輔容疑者の顔画像は、ニュースで公開されていますね。

さすが、ホストクラブで仕事をしているだけあって、イケメンですね。

法政大学でイケメンということですので、彼女としても満更ではなかったかもしれないですが、、、

裏の顔はわからないものですね。

スポンサーリンク

犯行があった酒井悠輔容疑者の自宅は?


出典;FNN

酒井悠輔容疑者が犯行を行った場所は自宅だと報道されています。

特徴的なマンションですが、1人暮らし(と思われる)の大学生が住むには、リッチなマンションな気がしますね。

ホストでかなり稼いでいたのでしょう。

航空写真から、恐らくこのマンションではないかと思われます。

googlemap上ではこの位置になりますね。

不動産情報を見てみますと、ワンルーム~1DKの物件のようですので、多分1人暮らしだったでしょう。

賃貸だと購入価格が半端ないですが。。。

色んな意味で恐るべき男でした。

スポンサーリンク

勤務先のホストクラブが判明!?


出典;TOP DANDY I-OS

勤務先のホストクラブは「TOP DANDY I-OS」だったことが分かっていますね。

松原由依と名乗っていたようです。

現在はHPからは削除されているようで、さすがはイメージが重要な商売だなぁと感心?させられますね。

スポンサーリンク

ネットの反応

少女が歌舞伎町でホストクラブに行くというのも、ねえ。お金はどうやって工面したのか?ホスト側の話も知りたい。
出典;Yahooニュース

若いホストだね~
女の子も年が年だけど未成年に対してお酒を出していたのかな?
それならそれで違法じゃあないのかな?
出典;Yahooニュース

19歳の客にすごむ大学生ホスト…情けなさすぎる。
出典;Yahooニュース

少女はホストにハマってる時点で既に天国のような地獄を見ている。
どちらも救われることのない地獄にいることに気付いた方がいい。
出典;Yahooニュース

自分の彼女に対して、「風俗店で働いて払え」とは信じられない言動ですが、、、彼らの世界ではこれが常套手段なのでしょうね。

そして稼いだお金でホストクラブへの支払いをさせるってことですか。

いい大学に入ったとしても、顔がイケメンだったとしても、最後に必要なのは人間性だということを改めて感じさせますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする