セクハラ疑惑の俳優チョ・ミンギ、自殺か?教え子からのMeTooも

いい意味でなのか、悪い意味でなのか。

改めて集団というものは大きな力となり得るのだなと感じた事件が起こりましたね。

セクハラ疑惑で訴えられていた韓国俳優チョ・ミンギが、遺体で発見されたようです。

度重なるスキャンダルとともに、あのSNSワードも追い詰めていたのかもしれません。

何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の概要


出典;聯合ニュース

映画俳優であり、元大学教授だったチョ・ミンギさんの突然の死に、衝撃が走りました。

1993年に俳優としてデビューして以来、数々の名演技で人々を沸かせてきた大物スター。

2010年には清州大学演劇学科の助教授として赴任し、次世代を育成する指導者として、順風な人生を送って来たかに見えた、チョ・ミンギさん。

しかしその陰では、多くの女性が声にならない叫びをあげていたようでした。。。

そして、

韓国俳優のチョ・ミンギが遺体で発見された。

韓国警察によると、9日午後4時ごろ、ソウル広津区のアパートの地下駐車場の隣にある倉庫でチョ氏が倒れているところを住民が発見して警察に届け出た。

一方、チョ氏は清州(チョンジュ)大学の教授として在任した当時、教え子に強制わいせつ行為を日常的に行っていたという暴露が最近相次いで提起され、スキャンダルに巻き込まれていた。

警察は強制わいせつの疑いがあるチョ氏に12日まで出席を通知していた。
出典;中央日報

3/9午後4時頃、チョ・ミンギさんがアパートの地下駐車場にある倉庫で倒れている姿が発見されました。

首を吊っていたという報道もあることから、自殺の可能性が高いと言われています。

チョ・ミンギさんは、教え子に対して日常的にわいせつな行為を行っていたようであり、最近になってそれらの事実が暴露されていたそうです。

2日後には事実関係の確認が求めれらていたということでしたから、、、その前に、ということだったのかもしれないですね。

チョ・ミンギさんの遺書と思われる文書があったようです。

スポンサーリンク

チョ・ミンギの遺書に書かれていたものは?


出典;中央日報

韓国の芸能メディアにより、チョ・ミンギさんが死亡する前に書いたと思われる遺書が公開されています。

そこには、チョ・ミンギさんの生の感情とともに、自殺の原因とも思われる内容を吐露していました。

「全てが私の手落ちであり、私の罪だ」

「あまりに当惑するようなことが起き、耐えられないような長い時間を過ごしたら、避けて否定することはできない非常に卑怯な人間になった」

「侮蔑感や羞恥心を抱いた後輩たちに、まず深くお詫びする。おかげで今さらだけども自分の傲慢さや過ちを反省できるようになり、申し訳ない気持ちと感謝の気持ちを伝えたい」
出典;T-SITE

具体的な事象については言及していませんが、後輩に対して「侮蔑感や羞恥心を与えた」旨の内容が書かれているので、セクハラ疑惑はクロだった可能性が高そうですね。

また、「あまりに当惑するようなことが起き」というのは、先月20日頃から起こっていた、セクハラ行為に対するスキャンダルだったのかもしれないですね。

数々のプレッシャーに耐えてきた百戦錬磨の映画俳優でしたが、、、自らの犯した過ちに対するプレッシャーには耐えかねたようでした。

悪いことはいつか明るみになるのは、この世界のさだめですので、、、遅かれ早かれこうなってしまったのかもしれないですね。

さて、突如としてスキャンダルとなった、チョ・ミンギのセクハラ問題ですが、そこには意を決してMeTooをあげた被害者の女性たちの姿があったのです。

スポンサーリンク

MeTooも!声をあげた被害者の女性たち


出典;Hollywood Report

長年にわたり日常的にセクハラ行為を行っていたとされるチョ・ミンギさんですが、それが明るみに出たのは、教え子による告発からでした。

女優のソン・ハヌルさんは、自身のfacebookでチョ・ミンギさんから受けたわいせつ行為の数々とともに、今までそれが明るみに出なかった理由についても綴っていたようです。

「芸術大学で女優を目指している学生にとってチョさんは絶対的な権力であり、大きな壁だったので、誰も抗議や告発をすることはできなかった」
「芸能人であり、成功した俳優であるその人は芸術大キャンパスの王だった」
出典;中央日報

チョ・ミンギさんは、本人自身が著名な芸能人であり俳優だったので、その世界を目指している生徒たちにとっては憧れであり、絶対的な存在だったのでしょう。

チョ・ミンギさんに好かれるか嫌われるかで、華々しい世界への入り口が決まってしまうかもしれないとなると、文字通り大きな壁であり、王だったのでしょうね。

ソン・ハヌルさんは勇気を出して、セクハラ行為について続けています。

「チョさんはキャンパスの近くにオフィステル(一種のワンルーム)を所有していた」

「清州で授業があるとこのオフィステルに学生を呼んだ。これを断れない学生ができる唯一の方法はそこに一人で行かないことだけだった」
出典;中央日報

と述べており、自身が所有しているワンルームに、学生を日常的に連れ込んでいたようです。

そこでは、、、

「その後も数回にわたって他の先輩とチョさんのオフィステルへ呼ばれた」

「トイレから出るとチョさんは私をベッドに押し倒し、お腹の上にのって『これ、高いんだよ』と言って顔にローションを塗った」

「チョさんは公開の席でも女子学生の太ももや胸を触った。21、2歳そこそこの若い女性が我慢できない状況もあった」
出典;中央日報

と、かなりのセクハラ行為が行われていたことが語られています。

権威を持った人が、自制を働かせないとこういうことが起こってしまうのかもしれませんね。

チョ・ミンギが所属する事務所は、「強制わいせつ関連の内容は明白なデマ」とし「教授職剥奪と強制わいせつによる重い懲戒も事実ではない」とコメントしていたようですが、、、

今となっては、本人から真相を聴くことは叶わなくなってしまいました。

スポンサーリンク

韓国で広がるMeToo運動


出典;YONHAP NEWS

MeToo運動とは、facebookやTwitterなどでセクハラや性犯罪の被害を告発・共有する運動であり、しばしば#MeTooなどのハッシュタグが用いられる。

韓国では、男性中心のゆがんだ性文化や上下関係を利用した性犯罪に疑問を呈した女性たちの間で、この運動が今年に入り盛んになっているのである。

きっかけは、韓国法曹界の女性検事が、過去に幹部だった男性からセクハラを受けたと検察内のインターネット掲示板で明らかにしたことのようである。

この時にMeToo運動にも触れたことで、社会全般に広がりをみせました。

チョ・ミンギさんも告発を受けた人の一人であり、教え子たちからMeToo相次いだと言われています。

こうしたゆがんだ性文化に声をあげて是正を呼び掛ける動きに、政府も積極的に反応しており、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、「被害者の勇気に敬意を表し、『Me too』運動を積極的に支持する」と述べているようです。

大衆のパワーによって、既存の悪い文化や既得権益に対抗していく動きは、今の日本ではあまり見られなくなってしまった光景かもしれないですね。

日本の性文化もそうとう歪んでいると言わざるを得ませんので。

ただ、一方でこれが行き過ぎると、、良からぬ結果を招きかねないので、適切な是正が行われるのを願うばかりですね。

スポンサーリンク

おわりに

いつの間にか脚光を浴びるようになっていたMeToo運動ですが、一丸になってエネルギーを持ち始めると、こういった事件のトリガーにもなるのですね。

もちろん、今回は真相究明には至らなかったものの、恐らくチョ・ミンギさんに非があると思われるので、同情はあまりできませんが、、、

日本でもこういったことが起きる可能性も高そうですね。

確実に権力をカサにして、あれやこれやが行われていることでしょうから。

まぁ、セクハラ行為をしなければ告発されることもないはずので、、健全に生活をするのがよいことでしょう。

日本ではどんな風に広がりをみせるのでしょうか、ね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする