小林幸輝の顔画像は?乳児の娘・心愛ちゃんを「デコピン」で殺害!?

最近になって、些細な理由で幼い子どもを虐待し、死に至らしめてしまう事件が多発しています。

東京都足立区で父親の小林幸輝容疑者が、生後2カ月の娘・心愛ちゃんを虐待して死亡させたとして、逮捕されました。

驚くべきことに、小林幸輝容疑者は心愛ちゃんに「デコピン」を繰り返していたのでした。。。

スポンサーリンク

事件の概要は


出典;JNN

目を疑いたくなるような事件が多いですね。

先日も5歳の娘を、数年に渡って虐待を繰り返し、殺害した男性のニュースを書きましたが、、、

今回小林幸輝容疑者に虐待を受けたと心愛ちゃんは、なんと生後2カ月の乳児だったのでした。

あまりにも、、、惨いです。

一体何があったのでしょうか?

生後2か月の女児を虐待したとして、警視庁は8日、東京都足立区、父親の自称大工の男(20)を傷害容疑で逮捕したと発表した。

女児は暴行を受けた約3日後に死亡しており、同庁は今後、傷害致死容疑に切り替えて捜査する。

発表によると、男は2月22日、自宅で生後2か月の長女、心愛(のあ)ちゃんの額を指ではじくなどし、負傷させた疑い。

同25日午後1時半頃、妻(27)が「子供がミルクをほしがらず、顔色が悪い」と119番した。心愛ちゃんは救急搬送されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。26日の司法解剖で、心愛ちゃんの顔に複数のあざがあるのが見つかった。

男は調べに対して容疑を認め、「おでこを手の指ではじく『デコピン』をした。疲れて寝ていた際、子供の泣き声がうるさくて我慢が出来なかった」と供述している。
出典;読売新聞

生後2カ月。

まだ何の世界も知ることのないまま、心愛ちゃんは短すぎる生涯を閉ざされてしまいました。

小林幸輝容疑者が心愛ちゃんに行っていたのは、「デコピン」でした。

ある程度年齢が行っていれば、デコピンで亡くなるということはまずないことだと思いますが、、、生後2カ月の乳児にとっては致命傷でした。


出典;JNN

「デコピン」を行ってから3日後、小林幸輝容疑者の妻が「子供がミルクをほしがらず、顔色が悪い」と救急車を呼び、病院に搬送されましたが、まもなく死亡してしまいました。

心愛ちゃんが2日間は何ともなかったように思えたので、大事に至るとは思っていなかったのでしょう。

脳へのダメージは、例え本人が軽いと思っていても精密検査を受ける必要もあることです。

心愛ちゃんも、脳に大きなダメージを受けていたのかもしれないですね。

それでなくても、生後2カ月なのですから。。。


出典;JNN

小林幸輝容疑者は、心愛ちゃんが亡くなった後、少なからず動揺していたようです。

まさか、と思ったのかもしれないですが、時は既に遅すぎました。


出典;JNN


出典;JNN

小林幸輝容疑者は、心愛ちゃんが生れてきたことについて、女の子だったこともあり、とても喜んでいたようです。

facebookでは、エコー写真を載せたり、「元気に育ってくれてありがと」といった旨が投稿されています。

待ちに待った子どもだったのでしょう。

子どもを持つ親であれば、誰もがこんな気持ちなのかもしれないですね。

しかし、、、


出典;JNN

幸せは束の間、かつ、あまりにも身勝手なやり方で失われてしまいました。

虐待の動機は、

泣き声がうるさくて、眠れなかった

と述べています。。。

以前の記事の男性もそうでしたが、、、一度しつければおとなしくなる、そんな思い通りのコミュニケーションができる、とでも思っているのでしょうか。。。

だとしたら、子育てを甘く見過ぎていたと思いますね。

自分の睡眠はおろか、生活の多くを調整しなければならないのが、子育てなのです。

それができるのが、大人であり、子育てをするには本人がまず、十分大人になる必要があるのです。

大人でない人から生まれた、子どもは、、可哀そうです。

特に、今回のように虐待の犠牲となった心愛ちゃんのような子どもは。。。

スポンサーリンク

小林幸輝容疑者の顔画像は?


出典;JNN

小林幸輝容疑者の顔画像は、ニュースで公開されていますね。

小林幸輝容疑者自身、20歳と大変若い男性でした。

もちろん法律上は18歳で結婚し、子どもを産むことができるので、問題はないのですが。

親になるという責任を果たせる年齢ではなかったのかもしれないですね。。。

ただ、奥さん27歳だったということから、ある程度落ち着いていたのかもしれませんが。

だとしても、心愛ちゃんの虐待を防げなかったのは、残念でなりませんね。

スポンサーリンク

関連記事

数日前に報道された、5歳の娘に対するあまりにも酷い虐待のニュースはコチラ
==========>船戸雄大の顔画像は?娘・結愛はガリガリの状態で死亡?虐待なのか?

スポンサーリンク

デコピンの威力ってすごいの?


出典;bokete

今回の事件は、生後2カ月の幼児が虐待にあったということもそうですが、「デコピン」を行っていたということも話題になっています。

そもそも「デコピン」で致命傷になるほどのダメージを与えることなどできるのでしょうか?


結論から言うと、生後2カ月の乳児であれば、シロウトのデコピンですら致命傷を負わせるには十分の威力を持つでしょう。

流石に素手のデコピンであれば、ある程度の骨格が出来上がった年齢だと、致命傷に至ることはほぼないはずですが、、、

それでもクリティカルヒットした場合は、骨が砕けたり出血したりというのは普通にあるようです!

なので、普通に、無暗やたらにやるものではないですね。

なお、これはGACKTさんがTV番組でデコピンを放っているシーン。

まぁ、これはさすがに違法パーツですが、、、

ヤバイですね。。。

スポンサーリンク

ネットの反応

最近こんなニュースばかり。本当にどうしようもないやつが親になるなんて、恐ろしすぎる。赤ちゃんが可哀想で仕方ない。
一生子供つくるな。
出典;Yahooニュース

子供のまま成長したんだろうね。
人の痛みが分かるように教育してくれる人が誰もいなかった環境であった事が想像できる。子供に罪はない、たった2カ月の命あまりにも可哀想すぎる。
出典;Yahooニュース

デコピン恐ろしや。泣いてもどうしても泣き止まないって嫌になる気持ちはわかるけど、100の方法試して全部ダメという事はない。探して欲しい、泣き止む方法。でも、それができないならせめて自分は泣き声が聞こえない所に避難して閉じこもるしかないよ。スヤスヤと眠ってる子供の寝顔はほんとに可愛いよ
出典;Yahooニュース

「泣いてうるさいから」って暴力振るったっていうけど、その方が余計大泣きすると思うけどね?
デコピンくらいなら・・・って思ったのかもしれないけど、それくらいでも命を奪う事になるくらい、小さくもろい命なの。
気付いた時にはもう遅いけど。。。ね。
出典;Yahooニュース

コメントにもあるように、小林幸輝容疑者自身が大人になりきれないまま、子育てに入ってしまったのが、こういう結果に繋がってしまったのかもしれないですね。

もちろん、どうなれば自分が子育てをするに相応しいか、というのは難しいですし、誰もそんな自信を持ちながら、子どもを産むわけでもないと思いますが。

自分が子どもを持って育てられるほど、自制心があるか、家族を顧みてあげられるか、生活を支えてあげることができるか。

そんなことを冷静になって考えてみるのがよいかもしれないですね。

でないと、、生れてくる子どもがかわいそうですので。

犠牲となるのはいつの時も子どもですので、、、「本当の意味で大人」である大人が増えてもらいたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする