船戸雄大の妻は再婚?虐待された結愛ちゃんは義理の娘だった!?

東京目黒区のアパートで、父親の船戸雄大容疑者が、娘・結愛ちゃんの顔を殴った傷害の疑いで逮捕されたこの事件。

警察の調査が進む中で、新たな疑問が出てきています。

それは、結愛ちゃん船戸雄大容疑者実の娘だったのか、ということです。。。

どういうことでしょうか?

スポンサーリンク

結愛ちゃんは義理の娘!?

]
出典;BRANSHES

施設がいい」「家に帰りたくない」。

幼い結愛ちゃんは、通っていた幼稚園でそう答えていたそうです。


出典;FNN

心の拠り所であり、幼い子どもにとっては自分の全てでもある、我が家。

その場所に帰りたくなかった結愛ちゃんの心情は、如何ばかりだったでしょうか。。。


出典;FNN

結愛ちゃんに日常的に暴行を行っていたであろう、船戸雄大容疑者。

そこには、ある繋がりが関係していたのかもしれません。

2月末、自宅浴室で、結愛ちゃんに暴行を加えたことを認めた船戸容疑者。

船戸容疑者は、2年前の2016年春、結愛ちゃんの母親と結婚。
その年に長男が生まれ、2017年まで、香川・善通寺市で暮らしていた。

船戸容疑者は、結愛ちゃんについて、周囲に話していたという。

船戸容疑者の元上司は「結構な引っ込み思案で、奥さんの陰に隠れていて、あいさつができなかったりとかは、本人(船戸容疑者)も心配していた」、「『そういうのをきちんと言える子になってほしい』と言っていた」などと語った。

一方、結愛ちゃんが通っていた幼稚園の関係者は、ある異変に気づいたという。

通っていた幼稚園の関係者は「結愛ちゃんは、『お父さんとお母さんが結婚するんだ』と、担任に楽しそうに報告していたが、秋以降、おとなしく、線も細くなっていた」、「先生たちが『どうしたの』と聞いても、『転んだ』などの説明に終始していたが、ケースワーカーが聞いた際に、『お父さんにされた』との話をし始めた」と話した。

船戸雄大容疑者が奥さんと結婚したのは、2年前

結愛ちゃんが先月時点で5歳だったことが報道されていますので、2人が結婚したのは結愛ちゃんが2歳か3歳の時でした。

そして、報道されているジェノグラムをみてみると。


出典;FNN

船戸雄大容疑者と結愛ちゃんは、血が繋がっていない、義理の親子だったのです。

。。。複雑な思いですね。

なんでここまでかわいい我が子を虐待できるのかと思っていたのですが、、、

いえ、血が繋がっていないからかわいがれないとか、そんなことはないと思います。

事実、再婚して新たに義理の子どもを持って、仲の良い生活を送っている家族も少なくないことでしょう。

また逆に、血が繋がっていたとしても、虐待に至るケースもままあることです。

ので、あくまでも結果論に過ぎないのですが。。。

義理とはいえ、自分の子どもに愛情を持てないのは、お互い可哀そうなものです。

特に、結愛ちゃんにとっては、どうすることもできないので。。。

一方で長男が船戸雄大容疑者から虐待を受けなかったのは、もしかしたらこういった事情があったのかもしれません。

このあたりの真相は、闇の中に葬られることでしょう。

スポンサーリンク

船戸雄大の妻は?

こうなると船戸雄大の奥さんの存在も気になるところですね。

しかしながら妻の情報については、確認することができませんでした。

まぁ、確かに容疑者でないので少なくとも報道で公開されることはないのですが。。。

でも、奥さんと結愛ちゃんは血の繋がった親子だったので、、、どんな思いで結愛ちゃんを見つめていたのでしょうね。

スポンサーリンク

環境が変わった結愛ちゃんの様子は?


出典;FNN

新しいお父さんができた当初は、結愛ちゃんも嬉しかったのかもしれません。

お父さんとお母さんが結婚するんだ」と、担任に楽しそうに報告していたようでした。

また、船戸雄大容疑者も少しシャイな結愛ちゃんについて、「そういうの(挨拶)をきちんと言える子になってほしい」と会社の上司に話しており、いい子に育ってほしいという想いがあったのだと思います。

しかし、そんな日も長くは続かなかったのでした。


出典;FNN

結婚した秋以降、結愛ちゃんはおとなしくなり、体の線も細くなっていったようでした。

また、体にあざを作るようになり、「転んだ」と言っていたところから徐々に「お父さんにされた」と伝えていたようでした。

介護でもそうですが、相手が言っても言っても自分の言うことを聞かず、思う通りに行動しない時には、感情を抑えるのが難しいものです。

自分に余裕の無い時は特にそうで、、、仮に愛情があったとしても、なのです。

もしかしたら、船戸雄大容疑者も最初に思い描いていたようにはいかなかったことと、自分自身のことも含めて、余裕を失っていたのかもしれません。

しかし、それでも、血が繋がっていなくても、我が子に手を出すのはしてはならないことでした。。。

改めて、子育ての大変さと思うと同時に、自分を育ててくれた父・母の存在の偉大さに気づかされますね。

スポンサーリンク

関連記事

船戸雄大容疑者娘の結愛ちゃんの顔画像および、事件の概要はコチラ
==========>船戸雄大の顔画像は?娘・結愛はガリガリの状態で死亡?虐待なのか?

船戸雄大容疑者の結愛ちゃんに対する暴行の数々はコチラ
==========>船戸雄大、驚愕の虐待!?幼い結愛ちゃんに残酷すぎる暴行の数々!

スポンサーリンク

ネットの反応

幼い子が、これだけサインを出しても、助からないなんて、世の中おかしすぎる。可愛そうすぎて最後まで読めない。
出典;Yahooニュース

施設の方がいい
って、五歳の子が言うって。
絶句。
かわいそう。
ほんと
かわいそう。
出典;Yahooニュース

おうちより施設がいいってこんなに小さな子が訴えているのにどうにもできなかったのか…
こういう事件が起きるたびに胸が痛い。
あまりにもかわいそう。
出典;Yahooニュース

子供が、ちゃんと訴えてるのに、何故救えなかったのだ?
保護の意味が無い。母親もダメ親だけど、似た事件は多いんだから市ももう少し考えた方がいいのでは?
胸が痛すぎデス︎
出典;Yahooニュース

コメントにもあるように、本当に胸の痛むニュースですね。

様々な事情があったにせよ、結愛ちゃんのSOSが届かなかったのが、悲し過ぎます。。。

この事件、父親の船戸雄大容疑者については逮捕され取り上げられていますが、母親については特に言及されていません。

直接手を下したわけではないので、罪には問われないのかもしれないですが、、、

何かもっとしてあげられたこともあったでしょうに。

あるいは、してあげられない事情があったのかもしれません。今後の調査で明らかになるかもしれないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする