特別養護老人ホーム「安寿の里」で17人集団虐待か!?100歳代も

特別養護老人ホーム「安寿の里」での集団虐待事件

弱い立場である老人を、本来守り支えてあげないといけない立場にいる人による、酷過ぎる事件が起こりました。

それも、複数の施設の人間で虐待を加えていたようです。

一見「安寿の里」だけが酷いように見えるこの問題。。。

果たしてそうなのでしょうか。

スポンサーリンク

事件の概要


出典;KTV

17人もの大勢のお年寄りが、「安寿の里」の職員による虐待の被害に遭っていました。

しかも、その虐待の内容はかなり悪質なものでもあったようです。

一体、「安寿の里」の中で何が行われていたのでしょうか?

事件の概要は・・・

京都府宮津市の特別養護老人ホームで、複数の職員が、17人の入所者を虐待した疑いがあることがわかりました。

京都府によると、宮津市の特別養護老人ホーム「安寿の里」では、去年12月に入所者の女性(90代)が慢性硬膜下血腫と診断され、全身に多数の打撲などの痕があることがわかりました。

ホーム側は病院に「女性がベッドから転落した」と説明しましたが、医師から通報を受けた宮津市と府は立ち入り調査をし、職員による虐待と認定しました。

このホームでは他の入所者16人も腰を折るなどのけがをしていて、複数の職員による虐待の疑いがあり、京都府は改善勧告を出し、さらに傷害の疑いなどでの刑事告発を検討しています。

ホームの運営主体の理事長は取材に対し「あくまで全ては介助上の事故で、虐待の事実はない」としています。
出典;KTV

虐待を受けた疑いがあるのは70代~100歳代の方々でした。

70代でも体力的に抵抗することはかなり厳しいと思われますが、100歳代の方にまで虐待を行うとは、、、


出典;KTV

虐待を受けた90代の女性は、慢性硬膜下血腫があると診断され、全身に多数の打撲の跡があったようです。。。

慢性硬膜下血腫とは、脳の表面に血液が溜まる症状のようです。


出典;東海大学医学部脳神経外科

その女性の症状について、「安寿の里」側は、


出典;KTV

「女性がベッドから転落した」と説明していたようです。

しかし、「通常の介護ではできない傷」であり、市や府の調査で虐待があったと認定されたようです。

1,2箇所の傷なら可能性もあるでしょうが、、、全身に打撲の跡ですからね。。。


出典;KTV

これに対して、「安寿の里」側は、「あくまで全ては介助上の事故で、虐待の事実はない」と述べているようです。


出典;KTV

うーん、先の女性含め17人ですからねぇ。

仮に虐待の事実が無かったとしても、介助上の事故をこれだけ多く起こしている施設はどうなんでしょ、ということになるはずですが、、、

ただ、虐待であるなら、施設に残されたご老人の方々のためにも、それは放っておかれるべきものではないので、きちんと結論を出してもらいたいものですね。

スポンサーリンク

特別養護老人ホーム「安寿の里」はどこに?


出典;KTV

特別養護老人ホーム「安寿の里」は、京都府宮津市にあることが公開されています。

検索してみると

住所情報が出てきます。googlemap上では、

この場所にあたるようですね。

ストリートビューで探してみたところ、

ロケーションは間違いないと思われるのですが、画像の情報が2013年のものらしいので、恐らく建て替えられているのでしょう。

因みに航空写真は新しくなっているようで、

身障者専用の駐車場(黄緑)の部分で、特定できますね。


出典;KTV

この「安寿の里」ですが、みんなの介護というサイトによると、2015年の時の情報ではあるのですが、定員80名は満室であり、待機者数は109人にのぼっているということから、当時はある程度評判がよかったのかもしれません。

わからないものですね。。。

ネットの反応

17人の中には虐待ではない傷もあるかもしれ無いが異常な数だと思う。監視カメラを付けておかないとやったやら無いの話になってしまう。
出典;Yahooニュース

20人を夜勤者1人で見てます。に対して家族がそれは不安ですと声をあげてくださったらいいのに。と思う。夜勤者増やして欲しいけど人がいないのが現実。
給料安い、キツイ、下の世話、と大変なのに改善されないまま。国はなぜ早急に動かないんだろう。
出典;Yahooニュース

虐待というよりも
人手不足で目と手が足りないのでは?
出典;Yahooニュース

『虐待をしない』『この職業を続けたい』そう思える抜本的な解決策が無いのだろうか。
出典;Yahooニュース

「施設側は「事故」と虐待を完全否定する」のですか。あとで真実が明るみになった時にどう言い訳するのだろうね。
出典;Yahooニュース

最終的な事象としては確かに虐待があったのかもしれませんが、その背後には人手不足や、きつい割に給料が少ないなど、慢性的な構造の欠陥があるのかもしれないですね。

介護現場は24時間体制にならざるを得ないため、過酷な状況なのでしょう。

虐待自体は良くないことですが、それが起こる原因を突き詰めて、改善するアクションまで起こさない限りは、似たような事件は続いてしまうことでしょう。

在宅介護でも事件になり、介護施設でも事件になる、介護という問題。。。

介護というのは一体何なのでしょう。

ただし繰り返しますが、どんな理由があろうと、虐待はあってはならないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする