小泉元和の顔画像は?JR大正駅で男性をブスリ!?その理由が酷い?

行き過ぎた正義感からだったのか、それともたた単純にイライラしただけだったのか。

JR大阪の大正駅で小泉元和容疑者が、出勤途中の男性の腹を刃物で複数回、突き刺し、重傷を負わせた容疑で逮捕されました。

2人の関係は、、、

同じ電車で見かけることが多かった、それだけでした。

一体何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の概要


出典;ANN

朝のJR駅構内でのスプラッタな事件。

周りに居合わせた方々はさぞ驚いたことでしょう。

62歳と高齢の小泉元和容疑者が、現役バリバリのサラリーマン男性を刃物で何度も突き刺すシーンが目に入って来たのですから。。。

事件の概要は・・・

JR大正駅で男性を刺したとして逮捕された男が、「男性が以前から優先座席に座っていて腹が立った」と話していることがわかりました。

きのう逮捕された警備員の小泉元和容疑者(62)は、おとといの朝、JR大正駅構内で、出勤途中の男性(34)の腹を刃物で複数回、突き刺し、重傷を負わせた疑いが持たれています。その後の警察の調べで、小泉容疑者は、「男性が以前から優先座席に座っていて腹が立った」と供述していることがわかりました。小泉容疑者は、「自分が犯人とばれるのは時間の問題だと思ったが、仕事があり、すぐに出頭できなかった」とも話しています。
出典;Yahooニュース

小泉元和容疑者の犯行の動機は、


出典;ANN

「男性が以前から優先座席に座っていて腹が立った」

ということでした。。。

なんということでしょう。

確かに、優先席は年配者や身体の不自由な方等が優先的に座れるよう配慮する席ではあると思うのですが、

順序があったのでは、と思うのは自分だけではないでしょう。。。

小泉元和容疑者と被害者の男性の間で、どれ程のコミュニケーションが行われていたかは不明ですが、、、

後味の悪すぎる事件ですね。

なお、男性を刺した後の小泉元和容疑者ですが、


出典;ANN

なんとそのまま出勤していたようでした。

逃げるでもなく、出頭するでもなく、仕事に出ていたのですね。。

なかなかついていけない感覚なのです。

小泉元和容疑者の顔画像は?


出典;ABCNEWS

小泉元和容疑者の顔画像は、ニュース等で公開されていますね。

62歳だったようですが、今回の犯行の様子からして、かなり元気な方だったようですね。

画像からは、落ち着きというか、ある種の超然とした印象すら受けますが、、、心中は穏やかではなかったようですね。

スポンサーリンク

現場のJR大正駅はどこに?


出典;ANN

今回の現場となったJR大正駅は、JR西日本の大阪環状線の駅らしいですね。

地図でいうとこのあたりになり、近くには京セラドームがあるようです。


出典;京セラドーム

大阪の野球ファンにはおなじみの場所だったかも知れないですね。

優先席でも譲らないことが多い?

先にも記載したとおり、優先席とは年配者や身体の不自由な方等が優先的に座れるよう配慮する席、であるのですが、

しばしば健康な人が年配者に席を譲ったり、譲らなかったりでトラブルになることがありますね。

優先席は、席を譲る義務ではないので、法律的には譲らなかったからと言って、それを咎めていいわけではないでしょう。

そもそも健康そうに見えて、そうでない場合もあるので。

不文律というかマナーとして、出来る限り年配者や身体の不自由な方等が来た時は、席を譲りましょうというものですが、、

それが機能していない一面もどうやらあるようです。

日本では「若者が優先席対象者に優先席を譲らない」という事態が日常的に起こっているとされている。これについて、多くの日本人が持つとされる「誰かに迷惑を掛けてはいけない」という心が起因しているとの指摘がある。即ち、若者は「譲ったら『私はまだ席を譲ってもらう程歳を取ってはいない』と怒られてしまうかもしれない」と忖度し、譲られた側は「周囲に迷惑を掛けたくない」「若い人は仕事で疲れているのだから座らせてあげよう。私はすぐ降りるのだから」と考えている、とのことである。また、「周りの誰も譲ろうとしないのだから」という集団心理もあるとの指摘もある。
出典;wikipedia

昨年流行した、ネガティブな「忖度」がここでも顔を出していますね。

若者の方は、譲ったことにより相手が不快に思ってしまうのではないかと思い、年輩者の方はプライドや配慮から遠慮してしまう、と。

結構センシティブな問題なのですね。

お互い気にしていないから譲らないのではなく、気にし過ぎて譲れなくなっている側面もあるのでしょうか。

譲る方と譲られる方が気持ちよく寄り添うことができれば、こうした問題も解消するかもしれませんね。

今回の事件が、気にし過ぎて席を譲っていなかったかというと、、、真相は闇の中です。

ネットの反応

同じ時間帯にいる他の乗客の証言によると、かなり前から被害者と加害者は言い争いをしていたらしい・・・・・本当に優先座席だけがトラブルの原因なのか眉唾物ですね。
出典;Yahooニュース

優先座席というのはやめた方がいいと思いますよ。優先と書いてあるのにどくどかないは座っている本人の都合次第だから勘違いを生むだけだよ。
出典;Yahooニュース

供述の真意は取りきれないけど、電車やバスに乗ってると、高齢者になればなるほど「自分は優遇されるべき。なんでみんな俺に気を使わない!」みたいなのが多い気がする
出典;Yahooニュース

優先座席に踏ん反り返って足組んでゲームしている若者をたまに見かける。刺そうとは思わないが
超能力があれば懲らしめたいとは思う
出典;Yahooニュース

そんなこと言ったら、東京の通勤電車はみんな刺されることになる。
出典;Yahooニュース

どうやらかなり前から被害者と小泉元和容疑者が言い争いをしていた、という証言もあるようですね。

優先席の問題は、ひとりひとりのマナーや価値観が多分に関係してくるので、難しい問題です。

本当は、優先席とかを敢えて作らなくても、相手の状況や感情を配慮して上手に譲り合うことができるといいのでしょうが、、

それができないから、優先席を作らざるを得なかったのでしょう。

白黒つけられない問題なだけに、今後も似たようなことが起こってしまうかもしれないですね。

思いやりとか自分が一歩引くとか、何歳になってもそういう感覚を忘れたくないものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする