クセーニヤ・Pの顔画像は?ロシア12歳少女、お風呂スマホで感電死

どこでも持ち運べるスマホですが、この場所だけは止めておいたほうが良さそうでした。

ロシア人のクセーニヤ(Kseniya)・Pさん(12歳)が、浴槽の中で頭を湯に沈め、変わり果てた姿で発見されてしまいました。

そして、浴槽にはスマホが浮かんでいたようです。。。

思わず身が震えるこの事件、

少女の身に何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の概要


出典;5garage

クセーニヤ・Pさん。小学生の女の子の、可哀想すぎる最期でした。

スマホによる感電死、未だに減らないですね。。

電気製品を浴槽で使用してはいけない、、というのは最近では教わらないのでしょうか。

あるいは、知っていても大丈夫と思ったのかもしれません。

どうだったのでしょう?

事件の概要は・・・

浴室にスマホを持ち込み感電死というニュースが伝えられるたび、その危険は知れ渡るところとなっていたはずである。しかしまたもや、12歳の少女が充電中のスマホを浴槽に落として感電死するという事故がロシアから届いた。英メディア『Mirror』『The Sun』『Metro』などが伝えている。

モスクワのセルプホフスキー地区にあるボリショエ・グリズロヴォ村で、悲劇が起こった。

クセーニヤ(Kseniya)・Pさん(12歳)は学校の後にバスケットボールをして帰宅すると、お風呂に入った。その時、母親は夕飯の支度をしており、浴室に入ったはずの娘があまりにも静かなので様子を見に行くと、浴槽の中で頭を湯に沈めて変わり果てた姿となった娘を発見した。浴槽にはスマホが浮かんでいたという。母親はすぐに救急車を呼び、隊員らは少女の蘇生を試みたがなす術はなかった。

悲しみの中で母親が警察に話したところによると、クセーニヤさんは浴室で音楽を聴いていたという。警察の予備調査では、スマホのバッテリーが無くなってしまったためにクセーニヤさんは浴室に設置された電源にスマホの充電ケーブルを差し込んだが、何らかの拍子で充電中のスマホを浴槽内に落としてしまい感電死したもようだ。クセーニヤさんは感電後、即死したことが判明している。
出典;ネタリカ

お風呂に入りながらスマホで音楽を聴いていたようですね。

それだけなら大丈夫だったのかもしれないですが、、その後がマズかったですね。。

「スマホのバッテリーが無くなったために・・・電源にスマホの充電ケーブルに差し込んだ」

そして、、

充電中のスマホを浴槽に落としてしまったのでした。。

クセーニヤ・Pさんも可哀想ですが、、お母さんもさぞ絶句したでしょうね。。

わが子が浴槽で感電死しているとは夢にも思わなかったことでしょう。。

クセーニヤ・Pさんが通っていたダンススクールの方も「12歳という若さでこの世を去ってしまったクセーニヤさんには大きな悲しみしかない」と、述べています。

今回の事件も、バスケットボールから帰って来た後のお風呂でのこと。

とても活発な女の子だったのですね。。

さて、こうした感電死ですが、なぜ発生していしまうのでしょうか?

感電死のメカニズム


出典;九州電気保安協会

水場で電気製品を使用することの危険性は、試すまでもなく経験上知っていることですが、、

そもそもなぜダメなのでしょうか?

簡単に言うと、水場だと電流が体内に流れ過ぎてしまうからです。

人の体は、ある程度の電流が流れるとビリビリと痺れを起こし、50mAを超えたあたりで命の危険があると言われています。

通常、充電したスマートフォンに触れても感電死しないのは、人の体が十分な抵抗を持っており、体の中に入る電流の量が少なくなるためです。

しかし、水の中ではというと、、、


出典;九州電気保安協会

抵抗が一気に下がるため、人体に大量の電流が流れ込んできます!

乾燥した時と比べ、濡れている場合はほぼ抵抗が無くなるようですね。。

日本の一般家庭の電源でも100Vのため、充電したスマホを浴槽に落とした場合、十分な致死量の電流が流れます。

これが感電死のメカニズムであり、、

つまりは、、大変危険な行為なのです!

スポンサーリンク

クセーニヤ・Pの顔画像は?


出典;ネタリカ

クセーニヤ・Pの顔画像は、ニュースで公開されていますね。

やや大人びていながらも、可愛らしい女の子だったのですね。


出典;METRO


出典;METRO

主観ではありますが、やはりこうしてみると大人びて見えますね。

一人娘だったようですので、お母さんは大変悲しかったでしょう。

ネットの反応

便利だと思って風呂に入りながらスマホいじりと同時にACアダプターを使う人も居るかも知れないけど、入浴中は絶対に止すべき。
出典;ネタリカ

可哀想だけど同情はしない。
充電しながら入浴なんて、自殺行為と同じ。
出典;ネタリカ

以前にもどこかで同じ事故があったと思う。
可哀想だけど御冥福をお祈りします。
歩きスマホ、ながらスマホも危険がいっぱい。
出典;ネタリカ

死んでしまったことは痛ましいが、
風呂場で電化製品を使うリスクなんて
スマホに始まったことじゃないのだから、
正直って自業自得という感も否めない。
出典;ネタリカ

可哀そうであり、痛ましい事故ではありますが、、やはり電気製品を浴槽で使用する行為はあまりに危険ですね。

スマホは確かに便利であり、どこでも使っていたい気持ちは分からなくもないですが、使うべき場所とそうでない場所をわきまえないと取り返しのつかないことになりかねないです。

今回の事故は、そうなってしまいました。

日本でも全く同じ事故は起こり得ることですので、親のみなさんも今一度子供に伝えておくことを強く推奨します。

悲しい事件は、できるだけ見たくないですね。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする