斉藤義伎・河島楓の顔画像は?凶悪な裏の掲示板、闇サイトをフル活用

またもやインターネットの裏の世界での繋がりが、悲惨な事件を産んでしまったようです。

昨年2月に、斉藤義伎・河島楓容疑者両名が80歳女性の首を絞めてを殺害した事件。

2人が知り合ったキッカケは、「裏の掲示板」と呼ばれる「闇サイト」の存在でした。

「裏の掲示板」「闇サイト」とは何か?

一体何がおこっていたのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の概要


出典;FNN

斉藤義伎・河島楓容疑者両名は先月逮捕されているようですね。

20代の若い男二人が、80歳の女性の首を絞めて殺害するとは、、これだけでも酷いニュースではあるのですが、、

今回は新たに、二人が出会ったキッカケが判明したようです。

簡単に事件をおさらいしてみたいと思います。

事件の概要は・・・

神奈川・平塚市で、2017年2月に、当時80歳の女性を殺害しバッグなどを奪った疑いで、1月に逮捕された男2人が、いわゆる「闇サイト」を通じて知り合ったとみられることがわかった。
塗装工の斉藤義伎容疑者(23)と河島 楓容疑者(22)は2017年2月、平塚市の住宅に侵入して、鳥海広子さん(当時80)の首を絞めて殺害し、バッグを奪った強盗殺人などの疑いで、1月に逮捕されている。
警察のその後の調べで、事件の数日前に、2人が「裏の掲示板」などと呼ぶ、いわゆるインターネットの「闇サイト」の求人募集に書き込んだことがきっかけで、知り合っていたとみられることが、新たにわかった。
2人は、お互いの名前を知らずに犯行に及んだとみられ、警察は、2人がネットで知り合ってから、全く面識のない鳥海さんを殺害するまでの経緯などを、くわしく調べている。
出典;Yahooニュース

事件としては、神奈川・平塚市で斉藤義伎・河島楓容疑者が、80歳の鳥海広子さんの首を絞めて殺害し、バッグを奪って逃走したというものです。

犯行の動機は明らかにされていませんが、バッグを奪っていることから、金銭目的だった可能性が高いです。


出典;FNN

亡くなった鳥海広子さんの写真は公開されています。

それにしても、約1年近く逮捕されていなかったのですね。

1年も逮捕されないと、どうなんでしょ。

ビクビクしながら過ごしていたのか、、もう逃げ切ったと思いながらヌクヌクとしていたのか。

いずれにしても、裁きは免れられないのですね。

粘り強く捜査した警察の方はあっ晴れです。

お疲れ様でした。

斉藤義伎・河島楓容疑者の顔画像は?


出典;FNN

斉藤義伎・河島楓容疑者の顔画像は、ニュースで公開されていますね。

22歳と23歳。職業は塗装工だったそうです。

若くてエネルギーに溢れた2人、職人としての将来もあったでしょうから、表情も悪くないだけに、、残念ですね。

スポンサーリンク

事件の現場は?


出典;FNN

現場となったのは、神奈川・平塚市のとある民家でした。

さすがは平塚市。広いです。。

箱根駅伝の中継所もありますよね。

この広さでは、ちょっと現場を特定するのは骨が折れますので、、

今回は断念させてください。

投了です。


出典;FNN


出典;FNN

窓が割れているところを見ると、侵入経路はここからだったのでしょうか?

正直どんなに厳重に鍵をしめていたとしても、一度狙われてしまえば、今回のように強引に侵入されてしまうでしょう。

全ての住宅が、SECOMとかALSOKとかに入れればいいのでしょうが、、あれもそれなりの値段がするでしょうね。

恐ろしいものです。

闇サイトとは?


出典;eluniversalqueretaro

今回の犯行に及んだ、斉藤義伎・河島楓の両容疑者。

高校時代の同級生や職場の知り合い、かと思いきや、なんと2人は全く知らない他人同士だったとのことでした。

なぜ赤の他人が、人殺しを行うにまで至れるのか、、、

それは「闇サイト」の存在でした。

闇サイトとは、

闇サイト(やみサイト)とは、犯罪などの違法行為の勧誘を主目的としているウェブサイトの総称を示すマスコミの造語である。ネット社会においては一般的に「アングラサイト」と呼ばれることが多い。
出典;wikipedia

とのことです。

殺人や恐喝などの犯罪行為の請負や、自殺を共に呼びかけるものまで広く存在しており、犯罪予備軍を生み出しているとの指摘もあるようです。

2007年に愛知県で発生した女性拉致殺害事件で、インターネットの闇サイトを用いて見ず知らずの人たちが犯行部グループを結成して、犯行に及んだ例が、闇サイトが知れ渡った事件であると言われています。

今回の事件もこうした闇サイトを通じて、斉藤義伎容疑者と河島楓容疑者が知り合うようになり、コンタクトを重ねた上で犯行に及んだようでした。


出典;FNN

なんか、言いようの無い恐ろしさを感じますね。

世の中には知らない方が幸せなこともあるのでしょう。

闇サイトの存在を知ってしまったがために、、ある意味で同士を見つけてしまったのかもしれませんね。

ネットの反応

結局、名古屋闇サイト殺人事件の教訓は活かされてないんだ。でも1人の殺害でも死刑になった前例は今回も活かして欲しい。
出典;Yahooニュース

前にこれとほぼ同じ様な事件があった。
若い女性が狙われて、その人の最後のメッセージは『2960』憎むわ。だった。
また同じ事件が起こってしまった、、、
警察のサイバー犯罪課もっと頑張ってくれ!
出典;Yahooニュース

初めて聞いたときからそう思ったよ
犯人の一人は奈良で…
あの時の闇サイト事件に教訓は生かされてませんでしたね
出典;Yahooニュース

名古屋闇サイトの犠牲になった娘さんのお母さんの悔しさ悲しさは大変なものです。
また闇サイト、開設した輩・アクセスした輩は即無期懲役以上にすべきだ。
出典;Yahooニュース

人数の問題ではない。あまりに楽観的過ぎてゲーム感覚での犯行。極刑でも足りない。
出典;Yahooニュース

闇サイトの存在自体が問題だという声が多いですね。

明かに違法なことが書かれていて、実際に被害が出ているにもかかわらず、その手のサイトが大量に存在するのは、やはり問題と言わざるを得ないでしょう。

ただ、闇サイトの場合、管理人が特定できなかったり、そもそも海外にいるため権限が及ばなかったりといったところで、なかなか警察としても手が出せないのかもしれませんね。

このあたり、テクノロジーの進歩に対して規制が追い付いていないことの一例でしょう。

こうしたサイトが無くならない限り、同様の事件は残念ながら出てきてしまう気がします。

自主的になくなるのが一番ですが、、サイバー監視、取り締まりの強化にも期待したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする