大西智博、実名報道の理由は?銃で同僚警官を射殺、19歳なのになぜ?

未成年は少年法で守られており、犯罪を犯しても匿名報道が普通ですが。。。

同僚の警察官を銃で殺害した、19歳大西智博容疑者実名報道がなされたのです!

一体なぜ実名報道だったのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の概要


出典;JNN

衝撃的としか言いようがありませんでしたね。

最後の最後の手段として市民を守るためだけに使用されるべき拳銃が、指導してくれる上司に向かっての発砲だったわけですから。。。

日本の警察官は、大丈夫なのでしょうか。。。

滋賀県彦根市の滋賀県警彦根署河瀬駅前交番で、同署の井本光(あきら)巡査部長(41)が拳銃で撃たれて死亡した事件で、殺人容疑で逮捕された同僚の男性巡査(19)=同市=は「間違いありません」と容疑を認め、「罵倒(ばとう)されたので撃った」などと話していることが12日、捜査関係者への取材で分かった。巡査は昨年4月に採用され、今年1月29日に同署へ配属されたばかりで、県警はトラブルや事件の詳しい経緯などを調べる。

 また、県警の武田一志(ひとし)警務部長が12日朝に記者会見。「警察官が貸与された拳銃を使用して殺人事件を起こしたことは極めて遺憾。職員については捜査状況を踏まえ、厳正に対処する」と述べ、深々と頭を下げた。

 県警によると、井本巡査部長と男性巡査は、11日午前8時半から、河瀬駅前交番で2人で勤務していた。

 同日午後8時15分ごろ、彦根市に隣接する同県愛荘(あいしょう)町目加田で、県警のパトカーが田んぼに突っ込んでいるのを発見。東近江署員が河瀬駅前交番のパトカーと確認し、彦根署員が同交番に向かったところ、井本巡査部長がいすに座ったまま机に突っ伏し、頭から血を流しているのが見つかった。井本巡査部長は病院に運ばれたが、死亡が確認された。
出典;産経WEST

上司である井本光巡査部長を拳銃で撃った理由は、

罵倒(ばとう)されたので撃った

というものでした。

そして「背後から銃で撃って殺した」と認めています。


出典;JNN

どの程度の罵倒具合だったかはわかりませんが、配属されてから2ヵ月とちょっと。

あまりにも早くキレすぎではないでしょうか。。。


出典;JNN

警察官が警察官を拳銃で殺害するという極めて異例な事態に、警察部長は1分間にわたり頭を下げて謝罪しました。

監督不行き届きという面では、謝罪は致し方のないことですが、、、上に立つものは責任と誠実さが求められますね。

国の上に立つ人にも、こうであってもらいたいものです。

それはさておき、、、

この事件、殺害した警察官は19歳未成年のため、通常であれば匿名報道のはずですが、なぜか氏名が実名で公表されていたのです。

一体なぜなのでしょうか?

スポンサーリンク

実名報道の理由は?


出典;NHK

上司を殺害した警察官の氏名は、大西智博

顔画像も公開されています。

顔画像と実名が公表されたのは、報道された時点では、大西智博容疑者が拳銃を持って逃走中であり、市民に危害が及ぶ可能性があるため、実名報道にしたようです。

その証拠に、身柄が確保された以降は、19歳巡査と匿名報道に切り替えられたようでした。

このように、未成年であっても実名報道される場合は稀ですが過去にもあり、有名なトコロでは、1972年のあさま山荘事件では、19歳と16歳の少年が実名報道されました。

なお現在の日本では通常、少年法によって以下のように実名報道は制限されています。

庭裁判所の審判に付された少年又は少年のとき犯した罪により公訴を提起された者については、氏名、年齢、職業、住居、容ぼう等によりその者が当該事件の本人であること推知することができるような記事又は写真を新聞紙その他の出版物に掲載してはならない。
— 少年法第61条

従って、今回の実名報道はとりわけ異例だったことがわかりますね。

被害者が増えなかったことが不幸中の幸いではありますが、、、警察の信頼という面では大変な失墜となってしまいましたね。

変な模倣犯というか、「警察官がやったんだからいいんだろ」的な事件が起こらなければいいですがね。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする