下野市役所職員・吉葉仁一逮捕 給料水増し、3000万円着服か!?

最近はそれを防ぐべき立場にいる人が、その犯罪で捕まる事件が多いですね。

市役所の職員が、自分の立場を利用して、自身の給料やボーナスを水増ししていたことが発覚しました。

約3000万円の着服、原因はなんだったのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の概要


出典;FNN

実際に逮捕されるキッカケとなったのは、去年の9月に222万円を自分の口座に振り込んだことだったようです。

どうやってそんなことができるのだろう?と思うのですが、、やはり権力は人を腐敗させるのですね。

事件の概要を見てみましょう。

栃木・下野市の職員の男が、自分の月給を222万円に水増しして受け取った、詐欺の疑いで逮捕された。
逮捕された下野市の職員・吉葉仁一容疑者(49)は、2017年9月、職場のパソコンで、自分の給与を水増しした書類と、うその振り込みデータを作成し、およそ222万円を自分の複数の口座に入金させ、だまし取った疑いが持たれている。
吉葉容疑者は、所属する総務人事課の給与額の計算を、1人で担当していて、月給は最大300万円以上、ボーナスは500万円以上を受け取っていたとみられ、
(中略)
警察は、吉葉容疑者が数年前から水増しを行い、多い年で、年間3,000万円以上を不正に受け取っていたとみて、裏付けを進めている。

どうやら吉葉仁一容疑者は、給料計算の担当であり、1人で全てを仕切っていたことが伺えますね。

通常お金のやりとりには、監査とか、複数チェックとかがあると思うのですが、どうだったのでしょうか?

あるいは、最終チェックの後に、こっそり変えていた可能性もありますね。


出典;FNN

最大300万円でボーナスは500万円ですか。。

一体どうやって帳尻を合わせていたのでしょうね。

確実にどこかの財源から引っ張ってきているはずであり、会計の整合性もまず取れないと思うのですが。。

組織としての不備、という面も少なからずあるかもしれないですね。

吉葉仁一容疑者とはどういった方だったのでしょうか?

スポンサーリンク

吉葉仁一容疑者の顔画像は?犯行の動機は?

各ニュースで報道されていますが、吉葉仁一容疑者の顔画像は公開されていないようでした。

年齢は49歳で、給与計算を1人で扱えていたことから、それなりに上の役職だったことが予想されます。

最も安定している公務員で、それなりのポジションだったと思われるので、今後も平均水準以上の生活はできてはずなのですが、、

吉葉容疑者を狂わせたのは、ギャンブルでした。

犯行の動機について、

「ギャンブルや借金の返済に金が必要だった」
出典;FNN

ギャンブルは一度ハマるとなかなか抜け出せないと言いますね。

堅い職業の方でも一度手を出してしまうと、こうなってしまう可能性もあるんだなぁと、感じますね。

しかし、、市役所職員の給与というのは、、市の税金で賄われているはずです。

本当なら、道路の整備や福祉の充実、必要なものはゴマンとあると思うのですが、それが一職員のギャンブルの借金返済に充てられてたと思うと、、

下野市の方々の心中は穏やかではないでしょう。。。


出典;FNN

多い年では、年間3000万円着服した疑いがあるとのことですので、一体どれほどのことができたでしょうか。

いろんな意味で残念だったと思いますね。

ネットの反応

気付かないもんなの?
会計監査とか市役所はないのかなぁ。
出典;Yahooニュース

自分で出来ることが凄いな。月給3000万・・。夢のようだ
出典;Yahooニュース

逮捕された人の家族がかわいそうですね。引っ越しするだろうし、奥さん子供さんの今からが、たいへんですよね。
出典;Yahooニュース

不正を働いたやつだけじゃなく、一人に給与管理を任せっきりでチェックもしない体制があり得ない。公務員の税金に対する考え方を象徴している事件だと思うのは、自分だけでしょうか?
出典;Yahooニュース

ギャンブルは、勝てないんですよ。
出典;Yahooニュース

やはり一般的な感覚では、1人で財務を扱える組織体系というのは問題があるのですね。

監査が正常にチェックしていなかったこともうかがえそうです。

組織は上の立場になればなるほど、個人を守る必要があるので、不正が起こらないような体制や仕組みにしておくのも、上の役職の務めでしょう。

とはいえ、やはり最後は個人の責任であることも事実です。

ギャンブルで身を破滅させる前に、家族のこと、自身の将来のことを冷静に考えられれば、違った未来があったでしょうに。。

あとの祭りでありますか。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする