レバンガ北海道 ウィッティントン選手、大麻の保持で逮捕!退団へ

2メートル超えのプロバスケット選手も、大麻の引力に屈してしまったようです。

Bリーグ・レバンガ北海道に所属し、オールスターにまで選出されたスタープレイヤーに、一体なにがあったのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の概要


出典;BasketballKing

日本のバスケットボール界に衝撃が走りました!

現役プロバスケットボールプレイヤーで、レバンガ北海道に所属する、グレゴリー・ウィッティントン・バーノン容疑者が、大麻取締法違反(輸入)容疑で逮捕されました。

所持していた大麻は、約7.43グラム

あまりにも大きすぎる代償です。

事件の概要は・・・

北海道厚生局麻薬取締部は1月24日、函館税関札幌税関支署との合同捜査により23日、アメリカ国籍で札幌市白石区に住むスポーツ選手、グレゴリー・ウィッティントン・バーノン容疑者(24)を大麻取締法違反容疑で逮捕しました。
麻薬取締部によりますと、ウィッティントン容疑者は、大麻密輸の容疑で逮捕され、乾燥大麻約7.43グラム(末端価格約4万2000円)が押収されています。
(中略)
レバンガ北海道は、逮捕された23日、ウィッティントン選手との契約を解除した、と発表しました。
理由については、「個人的な理由」としています。
出典;Yahooニュース

逮捕された同日に、「個人的な理由」として退団となったのですね。

ウィッティントン容疑者は、レバンガ北海道において主力中の主力だったことから、チームにとってもファンにとっても、落胆の大きいニュースであったことでしょう。

ウィッティントン容疑者とはどんな方だったのでしょう?

スポンサーリンク

ウィッティントン容疑者とは?


出典;levanga hokkaido

グレゴリー・ウィッティントン 選手 Gregory Whittington
【生年月日】1993年2月17日
【ポジション】PF / SF
【背番号】2
【身長/体重】203cm / 95kg
【出身校】Georgetown University
【出身地】メリーランド州(アメリカ合衆国)
【国籍】アメリカ合衆国
【プロプレー歴】
・2015-2016: Sioux Falls Skyforce (NBA – DLeague):アメリカ
・2016-2017: Sydney Kings (Australia – NBL):オーストラリア
・ : Sioux Falls Skyforce (NBA – DLeague):アメリカ
出典;levanga hokkaido

ウィッティントン容疑者はアメリカ生まれ、アメリカ育ちの24歳で、2015年からプロバスケットボールプレイヤーとして、アメリカでプレーしていたようです。

昨年8月にレバンガ北海道に入団したので、半年もいなかったことになりますね。。

好調を走るチーム内でも中心選手として活躍しており、前述のとおりオールスターにも選出されていた程でした。

また、性格も明るく、ムードメーカーも務めていた存在だったようです。

入団時にはこうコメントしていたようですね。

今シーズンはハードワークを中心に、チームとしてまずはプレーオフ進出を目指し、さらにトップを目指すという強い気持ちを持ってシーズンに臨みたいと思います。
一日でも早くチームに慣れて、一生懸命頑張りたいと思います。
出典;levanga hokkaido

上記の思いは本当のことでしょうし、逮捕された今もなお同様に思っているのだと思います。

それだけに、それだけに残念でならないですね。

もうすぐ半年、ようやくチームに慣れてきて、パフォーマンスが加速してくる頃だったと思うので。。

ネットの反応

理由知って本当に失望感しかない。
本当にガッカリ。北海道のプロスポーツクラブでも初めての事例だと思う。
今チームがいい雰囲気なだけに悔しい。
出典;Yahooニュース

結果は大麻密輸で退団…やっちまったね。
出典;Yahooニュース

ウィッテントンって北海道の主力中の主力じゃん
選手の逮捕者は、トップリーグでは初じゃない。
出典;Yahooニュース

アメリカじゃ、いまや殆どの州で合法だもんね、、今後もこういう事はあり得ると思うよ。
出典;Yahooニュース

アメリカでは合法化進んでるから常用してたんだろうな
それでも日本でプレイするなら我慢しなくちゃダメだろ
出典;Yahooニュース

やはりファンの方にとっては驚きを隠せないのでしょう。

プロ野球で4番やエースが、突然退団するようなものですからね。。

しかし、コメントにもあるように、アメリカでは大麻が合法なところが多いことから、同じ感覚でやってしまった側面もあるかもしれないですね。

ただそれでも日本にいる以上は、日本のルールを理解し、従わなければなりません。

今、色んなスポーツ団体が違法行為や暴力沙汰といった悪いニュースで取りあげられています。

一人の行動が団体全体に影響を及ぼすとともに、ファンにも大きな心の傷を残すことになりますので、こういったニュースが無くなることを切に願っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする