【将棋】藤井聡太×羽生善治の公式戦初対局が今日!直前の戦型予想!

今日ついに夢の公式戦対局が実現します。

最年少プロ棋士・藤井聡太五段と、国民栄誉賞を受賞した永世7冠・羽生善治竜王の対局です。

天才同士の本気の勝負、否が応でも楽しみですよね!

筆者、将棋ファンなのでちょっとだけマニアックな直前の戦型予想をしてみますね。

スポンサーリンク

記事の概要


出典;NNN

いよいよ今日の10:30から対局が開始します!

ワクワクが止まらないですね!

はやる気持ちを抑えてとりあえず記事の概要だけ!

史上最年少のプロ棋士・藤井聡太五段(15)が、国民栄誉賞を受賞した羽生善治竜王と17日、公式戦では初めて対局する。

藤井五段と羽生竜王は、17日午前10時半から都内で行われる朝日杯将棋オープン戦の準決勝で戦う。

2人はこれまでに非公式の対局では2回顔を合わせ、対戦成績は1勝1敗だが、公式戦で対局するのは初めて。

羽生竜王は今月13日に国民栄誉賞を受賞したあと、初めての対局になる。

もし藤井五段が羽生竜王を破り、午後からの決勝戦でも勝てば、プロの大会では史上最年少優勝となり、「六段」に昇段することになる。
出典;NNN

非公式戦では1勝1負ですが、本気の公式戦は今回が初めてです。


出典;NNN

非公式戦でも本気であることは間違いないのでしょうが、やはり1局にかける集中力や魂は非公式戦のそれとは全く異なります。

藤井聡太×羽生善治のガチの勝負が繰り広げられるのです。


出典;NNN

藤井さんも羽生さんも一見笑顔でカメラに映っていますが、内心は闘志あふれているでしょうね。

どことなく目が笑っていないようなw

でも棋士とはそういうものなのです。

スポンサーリンク

気になる戦型は何だ?予想してみる


出典;日本将棋連盟

将棋の戦型は、うーん、サッカーで言うとフォーメーションになってくるのですかね。

お互いが戦いの形を決めて、いざ尋常に勝負、ということです。

で、将棋には様々な戦型があるのですが、

今回の藤井聡太五段×羽生善治竜王の戦型はズバリ、

角換わり、でしょう!

なぜかって?

羽生さんが非公式戦で負けた時の戦型が、角換わりだったからです。

また、角換わりは藤井さん得意中の得意戦法でもあります。

戦型の選択は、暗黙のうちに決まり、大体最初の5手~10手くらいで決定します。

恐らく、藤井さんが最初の数手で「羽生先生、角換わりをやりませんか?」と尋ねる(正確には尋ねる手を指す)ので、羽生さんは「いいでしょう、堂々と迎え撃ちましょう」、となる(ことを期待していますw)

羽生さん目線に立つと、いわゆる将棋界でいう「王者の風格」を出してくるかと思います。

なんでもやってきなさい、受けて立ちますよ、と。

ちなみに角換わりだとすると、だいたいこんな形になることが多いです。

細かい部分は違うかもですが。最近の流行です。

と、何だかんだでバーっと言ってしまいましたが、あくまでも願望を込めた個人的予想ですw

他の戦型だっていいんです。

どれでも熱い勝負が繰り広げられるはずなので。

ただ、羽生さんなら角換わりを選ぶような気がしています。

果たして、どうなるのでしょうか?

10:30が楽しみですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする