藤井聡太五段誕生!順位戦に勝利し、史上初の中学生五段棋士に!

本日順位戦を戦っていた藤井聡太四段が、見事梶浦四段に勝利し、この瞬間、史上初の中学生五段棋士が誕生しました!

プレッシャーの掛かる一番でしたが、中盤以降は藤井聡太ペースの一局だったと言えるでしょう。

それでは見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

難解な相掛かりを制する!


出典;JNN

※ちょっとマニア向けの説明になってしまうこと、お詫び申し上げます。
※対局時藤井聡太さんは四段ですが、以降は藤井聡太五段で統一します。

藤井聡太五段が難解な相掛かりを制しました

途中は梶浦四段の上手い差し回しに、苦戦を強いられていたように思われますが、勝負手を繰り出して以降の差し回しは、まさに「これが藤井聡太だ」と言わんばかりでした。

勝負手が放たれたのは、62手目

その直前、梶浦四段は藤井五段の銀を取った局面です。

この瞬間、藤井五段は銀損のため、△同銀と銀を取り返すと思いましたが、、

ところが

藤井五段が放ったのは△5五角

まぁ、この手自体は驚くべき程の手というわけではないのですが、第二候補の手ではあると思います。

すなわち、銀を取って問題ないのであれば、ここは無理に角を打たなくてもよいのですが、

普通の手では難しいながらも、やや思わしくないと判断したのでしょう。

でも、この後の藤井五段の差し回しは素晴らしかったですね。

将棋は優勢になってからも、勝ち切るまでは大変なのですが、藤井五段は決して安全策をとることなく、最短で勝ちに行きました

絶品な差し回しは、梶浦四段の終盤の陣形をみるとわかるかと思います。

梶浦四段の金銀の終結たるは、堅いなんてものではないのですが、、

如何せん、王様を守っていないのですね。この金銀たち。

もちろん、藤井五段がそうさせない指し方をしていたのですが。

普通は、これくらい金銀を終結できたら、「この勝負もらった!」と思うものですが、、

(実際穴熊でこの形は最強クラスです。)

それだけ見事な差し回しだったのです。

投了図、藤井聡太五段が誕生した瞬間です。

どこに逃げても5手詰め以内ですね!

見事な勝利でした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする