日本もヤバイ!!北朝鮮のミサイル標的候補に東京などが!?

北朝鮮が約2カ月半ぶりにミサイルの発射実験を行いました。

現段階では直接的な被害は出ていませんが、、

恐ろしいことに、実は日本の数か所の都市が、北朝鮮のミサイル標的としてリストされているようです!

スポンサーリンク

新型ICBM「火星15」の発射


出典;毎日新聞

言霊のごとく忘れたころにやってきましたね。

北朝鮮は11月29日の午前3時17分頃、日本海に向けて弾道ミサイルを発射しました。

その後53分間の飛行を経て、青森県西岸沖の日本の排他的経済水域に落下しています。

今回発射されたミサイルは、「火星15」型と呼ばれる新型のICBM(大陸間弾道ミサイル)であると北朝鮮メディアにより発表されています。

最高高度約4500キロまで達し、水平距離にして約960キロ飛行したとみられ、小野寺防衛相はミサイルの高度について「過去最高の高さにまで打ち上げた」と述べいます。

今回は距離を短くするため、ロフテッド軌道で発射されましたが、通常軌道で発射した場合アメリカ全土がその射程に入っているといわれています。


出典;毎日新聞

北朝鮮メディアは「火星15」の写真を公開しており、新たに用意された移動式発射機が9軸18輪の特別に大きなもので、火星14号用の移動式発射機(8軸16輪)より大型化していることが確認できます。

また、ロケットエンジン部分も改良されており、大幅に推進力を増加させているものとみられています。

スポンサーリンク

アメリカ政府の反応


出典;毎日新聞

排他的経済水域とは言え海域に落下した日本はもちろんですが、ついにアメリカ全土を射程に捉えたとなれば、この人が黙っていませんね。

トランプ大統領は、金正恩朝鮮労働党委員長を「哀れなやつ」と非難し、自らのツイッターに「北朝鮮に大規模な追加制裁を科す」と投稿しています。

また国連の場では、米国が中国に対し、北朝鮮向けの石油供給を断つよう要請したことを明らかにし、「万が一、戦争になれば、北朝鮮政権は間違いなく、完全に破壊される」と警告しています。

ただ、「最大限の圧力」「追加制裁」「様々な攻撃オプション」などの言葉はずっと言われ続けていますが、北朝鮮のミサイル開発の進歩を考えると、あまり功を奏していないようにも見えますね。。

トランプ大統領の言う「レッドライン」も今現状明らかにされていないため、そろそろ存在そのものも疑問視されかねないですが、、果たしてどうなるのでしょうか。

さて、このようにアメリカ政府もかなりの危機感を募らせている現状ですが、そもそも既に海域にミサイルを落とされている日本については、深刻な報告がなされています。

日本の5都市がターゲットに!?


出典;fnn-news.com

北朝鮮のミサイル発射に先立ち、先週、ヨーロッパの研究機関「欧州外交評議会(ECFR)」は北朝鮮の核攻撃の標的となる可能性のある場所のリストを公表していました。

報告書の中で、「平壌は、アジア太平洋の米軍の拠点と米本土の都市を襲う準備ができていると、脅迫を繰り返している」と述べた後、

「日本の都市は、より明確に標的となっていて、『東京、大阪、横浜、名古屋、京都』の名前がリストに含まれる」と記されています!

ある程度予想できる標的ではありますが、、改めて報告書の形で指摘されると、危機感を感じずにはいられないですね。。

また、米国では、北朝鮮が都市機能や通信網を破壊する電磁パルス(EMP)攻撃を仕掛けた場合、米国内の電力などインフラが破壊され、食糧供給も壊滅することで、人口の9割が死亡する可能性があるとも述べられています。

電磁パルス攻撃について、日本の対策は遅れていると言われているので、より甚大な被害があると予想されます。

ネットの反応

・もうお相撲さんもモリカケもいいからこーゆうのを報道してほしい。
・そろそろ本気で考えないと冗談抜きでやばい
・さあていつまで放置するのかな?本土狙うわけないと高を括るのかな?
・船いたら?宣戦布告だな。政府の対応は?
・迎撃が困難な電磁パルス攻撃やられたら日本は終わる。車も電気も通信もなしにどうやってメルトダウンを止めるのか、真剣に考えた方がいい。
出典;Yahoo知恵袋

おわりに

北朝鮮のミサイル技術は着実に進歩しているようですね。

ネットのコメントにもあるように、他のニュースの報道も必要ながら、北朝鮮問題を真剣に考慮する段階なのかもしれませんね。

日本人は良くも悪くも「安全と水は無料で手に入る」と考えます。

安全が脅かされそうな今、平和とは何か?皆が平和で安全に暮らせるには何が必要か?について、考えていきたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする