松潤・架純の「ナラタージュ」。恋は、秘められた分だけ狂おしく。。。

「壊れるくらいあなたが好きでした」

2006年の「この恋愛小説がすごい」で第一位を獲得した、島本理生の原作のナラタージュが、2017年10月、10年の時を経て実写化された。

松本潤と有村架純が演じる、教師と生徒との許されざる恋の物語。

あなたはもう見ましたか?

スポンサーリンク




ナラタージュあらすじ


出典;ciatr

工藤泉(有村架純)は高校時代、教師である葉山貴司(松本潤)に恋心を抱いていたが、誰にも打ち明けることなく、ひとり胸の奥にその想いを秘めていた。

大学2年のある日、泉は突然葉山から、母校の演劇部の卒業公演に参加してくれないかと誘いを受ける。

忘れかけていた恋。抑えられない葉山への想い。

2人の再開により、止まっていた刻は動き出すのである。

狂おしいほど純粋な愛の結末は?

ナラタージュみどころ


出典;ナタリー

9月27日に行われた試写会では、松本潤、有村架純の他、共演した坂口健太郎や監督の行定勲が登壇した。

試写会の中で行定監督は、「恋愛劇は身近な感情を描いていて、決して特別なことではないからこそ、嘘をつかないで演じてくれる役者が必要」と語っている。

この3人はまさにそういう(嘘をつかないで演じてくれる)役者であり、10年間あたためて辿り着いた本作は、ベストのキャスティングであった旨を述べている。

松本は「架純ちゃんの表情崩れる姿」を見どころに挙げている。

恋心をひとり秘めている場面?許されざる愛に溺れていく場面?

普段見られない彼女の表情がどのシーンで見られるか、気になりますね。

また、小野怜二役の坂口は、ナラタージュが人間の綺麗なところだけでなく、苦しみ悲しみを正直に描いており、見た人それぞれ受け取り方が異なる作品だろうと語る。

恋愛の中での苦しみや悲しみといった繊細な機微を、表情や演技で伝えることができる。

想像するに、このキャスティングが本作最大の見どころであり魅力なのでしょう。

それにしても、10年間あたためていたとはオドロキですね。

誰か一人でも欠けていたらまだ表舞台に出てこなかったわ
けですから。。

スポンサーリンク




映画満足度ランキングはTOP!


出典;ぴあ映画生活

先週の映画初日満足度ランキングNo1だったようですね。
見事な好発進ぶりです。

ネットの反応

・人生で初めて恋愛の映画で泣いた
・本当に素晴らしい映画です。映画史に残る名作だと思います。
・原作を購入✨やばい…❤これ夢中になります😍
・エンディングの曲素敵だった。さすが洋次郎さんです。
出典;twitter

No1だけあって、ネットの反応も概ね上々な感想が多く見受けられますね。

また本編以外にも原作を購入してみたり、エンディングの曲がステキという感想もあるので、多くの楽しみ方ができる映画のようです!

映画館で、あなたも壊れてみませんか?

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする