トランプ大統領が注目!衝撃のケネディ暗殺資料が公開!

ケネディ米大統領が暗殺されてから54年。
26日に公開された衝撃の機密文書に、トランプ大統領が大変注目しています。
そのワケは??

スポンサーリンク




ケネディ大統領暗殺資料公開


出典;jiji.com

1963年に米大統領ジョン・F・ケネディが暗殺されてから、54年目にあたる11月26日に、これまで非公開とされてきた機密資料が新たに公開されました。

このタイミングで公開されたのは、1992年に制定された法律において、25年以内に全文書を公開することが決まっていたからのようです。

トランプ大統領自身が「大変興味深いぞ!」と呟いたこの資料。

トランプ大統領は当初、機密文書の全面公開を公表していました。

しかしながら、FBICIAが安全保障の観点から一部の文書は公開すべきでないとしたことを受け、一部文書の公開は見送られました。

これは、当局に情報を提供した協力者の個人情報が明らかになり、個人の安全が脅かされる可能性があるからとのことです。

非公開の文書は約300点にのぼるようですが、今後180日間かけて精査し、トランプ大統領は「よほどやむを得ない場合」を除き、これらの資料も公開されることを期待すると述べています。

なにやらキナの臭いしかしませんね。。

まぁ、まともに公開できる情報達なら50年以上も非公開にならないワケで。。

トランプ大統領としてもパンドラの箱なのかもしれませんね。

ケネディ大統領暗殺の謎


出典;REUTERS

ケネディ大統領暗殺事件は当時から疑惑が多く、正確な情報が公開されていないこともあり、真相が明らかになっていません。
ケネディ大統領暗殺の首謀者は、現場近くにあるダラス教科書ビルの従業員リー・ハーヴィー・オズワルドであると言われています。

しかしながら、オズワルド単独犯説については多くの疑問が提起されています。

オズワルドの殺害


出典;wikipedia

オズワルドはケネディ暗殺事件の1時間20分後に逮捕され、当局はその日の内にオズワルドを暗殺事件の首謀者と確定しました。

しかしその2日後、自体が急変します。

なんとオズワルド自身が警察本部から拘置所への移送中に殺害されてしまったのです!


出典;wikipedia

オズワルドを銃殺した男の名はジャック・ルビー

ルビーはオズワルドの殺害理由を、「ケネディ未亡人の代わりに敵をとってやろうと思って奴(オズワルド)を殺した。」と語っています。

ルビー自身はその場で逮捕されましたが、オズワルド即死であったため、ケネディ大統領殺害の動機は闇の中に葬り去れてしまいました。。

多くの人がこの流れに疑問を持ちました。

・ジャック・ルビーは本当に敵をとりたかったのか?
・誰かに利用されていたのではないか?
・なぜあんな厳重な警備の中を入り込んでオズワルドを殺害することができたのか?
・裏で警備を薄くするような権力を持つ協力者がいたのではないか?

など憶測が後を絶ちません。

そして最も賑やかに騒がれているのが、ケネディ殺害の陰謀論です。

スポンサーリンク




ケネディ殺害陰謀論の数々


出典;www.nikkan.co.jp

ケネディ大統領の殺害について多くの陰謀論がこれまで囁かれています。

第一次世界大戦のトリガーはセルビアの青年によるものでしたが、ケネディ大統領の殺害はどうなのしょう?

資料が公開されていないことが多くの憶測を呼んでいます。

CIA陰謀論


出典;BBC

1960年代にCIAが中心となりキューバへの侵攻が行われましたが、キューバ侵攻が失敗して以来、CIAとケネディ大統領との関係は悪化し、CIA解体まで宣言されるようになりました。

このことから大統領がCIA経由で暗殺されたという説が浮上したようです。

確かに、これが事実ならCIAが安易に機密の公開を容認するはずがなく、、はたしてどうなのでしょうか。

ジョンソン副大統領陰謀論


出典;wikipedia

こんな本も出版されているくらいです。


出典;amazon

ジョンソン副大統領が、地元テキサスで政治資金を得るために数々の汚職に手を染め、それを追求したケネディ兄弟とテキサス州の検事総長。

副大統領の地位を剥奪されそうになったジョンソンが、ケネディ大統領の暗殺に噛んでいたという説です。

ただこれはCIAなどの組織を動かす必要があり、副大統領といえどもそこまでの強権は発動できないのではと言われているため、可能性は低そうです。

ロスチャイルド家陰謀論


出典;wikipedia

アメリカの紙幣はアメリカ政府が発行している。

のではなく、実は民間で扱われており、ロスチャイルド家傘下の銀行等が紙幣を発行しています。

通貨発行権が政府にではなく、民間企業にあるということです。

ケネディ大統領は1963年6月4日、この通貨発行権を取り戻すべく、大統領令11110 (Executive Order 11110) によって政府紙幣を発行しました。

しかし、、このことがロスチャイルド家逆鱗に触れ、半年後に暗殺されたのではないかという説です。

ロスチャイルド家については詳しく書きませんが、これだけで十分かもしれません。。


出典;紙幣の不思議2

紙幣の発行権があれば、他はいらない。

謎多きロスチャイルド家。陰謀論の中の陰謀論ですね。

ネットの反応

・流石にオズワルド単独犯には無理があるよな。
・FBIやCIAが大きく関わってるなんて話があるけど、もしもそうなのであればトランプさんを脅して非公開・偽造資料にするのも容易いよね
・残りの部分は何か公開できない理由があるのか
・ウォール街が関連してると思うんだよなー

やはり色んな説が飛び交っていますが、CIAやFBIが公開を止めていることから、事件の核心に関わっているのではという意見が多いようです。

真相は、180日後を待つことにしましょう!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする