川栄李奈が選挙イメージキャラクターに!過去にはこんな人々?も。

あのキングオブおバカキャラの川栄李奈がなんとまぁ。

10月22日に投票が行われる第48回衆議院議員総選挙イメージキャラクターに起用されたのです。

過去の姿を思い浮かべれば、スーパー大回転のキャラクターぶりですね。

ところでこの選挙キャラクター、過去には人気のあの人から意外が存在まで、幅広い人選?が行われているようです。

一体どんな方々なのでしょう?

スポンサーリンク




川栄李奈、理由は旬と親しみやすさ?


出典;ORICON NEWS

川栄さんは2015年にAKB48を卒業してから、幅広いジャンルで活躍していますよね。

NHK「とと姉ちゃん」では弁当屋の娘のクールな役から、映画「デスノート」の青井さくら役といった好奇心旺盛な妖しい役など、役柄の幅も年々広がっている感じがします。

最近のめざましい活躍ぶりから、過去のおバカキャラこと「バカ栄」は演技だったのでは、ともウワサされていますが、もしそうだとすれば女優としての今の活躍は大変納得ですね。誰もがダマされたわけですのでw

さて、そんな川栄さん。

今回は過去のどんなキャラよりも意外な、選挙のイメージキャラクターに選ばれました。

過去とのギャップがすさまじいですよね。

川栄さん自身、「びっくり。自分がポスターになっているなんて不思議な気持ち」と語っているのですからね。

ただ上記の活躍に加えて、2017年8月にはCM好感度ランキング第一位を獲得するなど、親しみやすいキャラクターというイメージが広がっているので、選挙を多くの人に親しんでもらおうという意図があるのかなぁと思いました。

今がで、親しみやすさがイメージキャラクターの主要なファクターであることは、過去の方々をみてもわかりますね。

過去のイメージキャラクター

橋本環奈


出典;マイナビニュース

記憶に新しいところでは、前回の東京都議会選挙のイメージキャラクターに橋本環奈さんが選ばれています。

PRイベントでは、ロングヘアーをバッサリ25cmカットし、かわいらしいボブカットで挨拶していましたね。

18歳になって東京について考えたりニュースで時事問題を見る回数が増えたと思います」と述べています。橋本さんの起用は、若い世代への投票を活発化させる意図もあるのでしょうね。

1000年に1度の美少女が東京について考えていると、言われればねぇw

広瀬すず


出典;ORICON NEWS

続いては、2016年の参議院議員選挙でイメージキャラクターに起用された広瀬すずさん。

東京都は「私たちの声で、私たちの未来を」というメッセージで10代への投票を呼び掛けていました。

この時は、選挙権年齢が18歳に引き下げれられてから間もない選挙だったので、橋本環奈さん同様、旬の18歳の広瀬すずさんが起用されています。

「私も18歳なので、選挙に参加できる」「初めての選挙でわからないことが多くドキドキした」と述べており、いつも違う緊張した面持ちの広瀬すずさんが印象的でしたね。

スポンサーリンク




こんな方々もイメージキャラクターに!?

見てきた通り、今を時めく人気の女優やある時はグループがイメージキャラクターに選ばれることが多いですが、全国ではこれまた様々な人々?が、選挙のキャラクターに起用されています。

めいすいくん


出典;明るい選挙推進協会

めいすいくんは明るい選挙のイメージキャラとして2000年4月に登場したようです。

トラをモチーフに、、したと思いきや、どうやら投票箱をモチーフにしているとのこと。

頭の2本のタテ線は投票箱の入り口を表しており、背中の羽は明るい選挙に向かうためのもの。

そしてネーミングは明るいの「」と推薦の「」からきているそうです。

よく考えられていますねー。

地味にいろんなところで登場しているのですが、地味過ぎて知らない人も少なくなかったのではないでしょうか?

そう考えると、あっという間に選挙を印象付けられる川栄さん達は凄いですよね。

変わりダネで、めいすいくんから派生したこんなキャラクターも。


出典;秋田経済新聞

サンリオのあのキャラクターの如く、めいすいくんもご当地キャラとして、いるところにはいるらしい。

なまはげめいすいくんは秋田県の選挙イメージキャラクターであり、2004年から起用されているようです。

2013年には投票率の低迷を打開すべく、燃えキャラ化したなまはげめいすいくんが登場し、強烈なインパクトを与えた。

なお、通常時はというと、


出典;秋田経済新聞

通常時のカワイイ時のとギャップがありますねwでも、燃えバージョンもまたカワイイかも。

福島未来


出典;相馬弁研究所

福島県知事選挙では異色なポスターが発表された。

投票率の低い若者層にアピールするため、萌えキャラ福島未来を選挙イメージキャラクターに起用したのである。

ちなみに福島未来は、20歳短大生という設定であり、「福島の未来を一緒に考えて!」「あなたの一票が福島の未来。選挙にGO!」と力強く呼びかけている。

呼びかけのメッセージに直結するキャラクター起用ができるのが、架空の人物を採用する大きなメリットですね。

ただ残念ながら結果には結びつかなかったようで、その選挙での投票率は過去最低だったとか。

アッピー


出典;愛媛県

アッピーは見た目から想像できるように、愛媛県の選挙イメージキャラクターですね。

やはり単純ながらこういうわかりやすさって重要ですね。

「選挙率を上げる」「県民の政治や選挙に対する意識を向上させる」という願いを込めて、地元の名物ミカンが選挙モードにゆるキャラ化されたようです。

頭の葉の茎部分は鉛筆で選挙をイメージさせ、投票箱には県旗のシンボルであるミカンの花を据えている。

また指の1は、大切な一票を愛媛が育てるという意味があり、細部に至る選挙参加へのメッセージが感じ取れますね。

おわりに

若年層の選挙離れが進んでいる中で、その流れを食い止めるべく、人気女優から萌えキャラに至るまで様々な形で選挙イメージの向上の工夫がなされていましたね。

あたたはどのイメージキャラなら行きたいと思いましたか?

(そもそもキャラがいいから云々の問題でもないのですが、、あえてそこは触れずにw)

イメージキャラクターのメッセージ性という意味では、萌えキャラやゆるキャラなど架空の存在に軍配が上がるような気がします。

やはり伝えたいメッセージにジャストフィットのキャラクターを作り出すことが可能だからですね。

一方、人々の目を引くという点では、川栄李奈さん、橋本環奈さん、広瀬すずさんをはじめとした、実在する人物が勝っているとも思いました。

これは、、シンパシーなのでしょうかねぇ。やはり、人は人に一番親しみを感じるのだと思います。

次回以降の選挙イメージキャラクターの選出も楽しみですね!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする