山口達也はやはりロリコンだった!?被害者はRの法則”赤沼葵”か?

ジャニーズ事務所にまつわる衝撃的なニュースが、また一つ増えてしまいましたね。

TOKIOのメンバー山口達也が25日、強制わいせつの容疑で書類送検されました。

被害者は女子高生と報道されていますが、ネット上では既にこの人では、と噂されています。

そして山口達也の少女趣味も。。。

スポンサーリンク

山口達也、強制わいせつ容疑で逮捕!?


出典;PINKY

ここ最近、議員とか色んな人が女性問題でスキャンダルになっていますが、ついにジャニーズのど真ん中にも来てしまった、という感じですね。

女子高校生にわいせつな行為をしたとして、警視庁が、ジャニーズ事務所所属の人気アイドルグループ「TOKIO」のメンバー山口達也容疑者(46)を強制わいせつ容疑で書類送検していたことが捜査関係者への取材でわかった。

 同庁は送検にあたって、最も重い「厳重処分」の意見を付けた。既に示談が成立し、女子高生は被害届を取り下げたという。

 捜査関係者によると、山口容疑者は2月下旬、東京都港区の自宅マンションで、知人の女子高生の体を両手で押さえつけたり、無理やりキスしたりした疑い。「遊びにおいで」などと言って女子高生を自宅に誘い、酒を飲むよう勧めていた。別の女子高生も自宅に呼ばれ、その場にいたという。

 被害者の女子高生が3月上旬、警視庁に被害を届け出た。山口容疑者は同庁から複数回、事情聴取を受け、当初は「酒に酔っていて覚えていない」などと供述したが、その後、大筋で容疑を認めたという。
出典;YOMIURI ONLINE

既に示談が成立し、被害者側は被害を取り下げていたようですが、、、なぜか明るみに出てしまいましたね。

しかし、イロイロのNGなコトをやっていたようですね。

記事を追うだけでも、「女子高生の体を両手で押さえつける」「無理やりキスする」「女子高生にお酒を勧める」などなど。

完全にアウトなやつですね。

しかしやはり女子高生相手わいせつな行為を行ってしまったというのが、スキャンダルに輪をかけてしまっている気がします。

そして、ネットでは被害者の女子高生が”赤沼葵”なのでは、と噂されています。

どういうことなのでしょうか?

スポンサーリンク

強制わいせつの被害者は赤沼葵?


出典;何だか気になる今日この頃

ネット民の捜査力というのは恐ろしいですね。

恐らくこのあたりの情報からサーチしていったのでしょう。

人気グループTOKIOの山口達也メンバーが女子高生に無理やりキスをしたなどの疑いで、警視庁に書類送検されていたことがわかった。

山口達也メンバーと女子高生は、NHKの番組で知り合っていた。

人気グループTOKIOでベースを担当している山口達也メンバーは、今年2月、女子高生に
無理やりキスをするなどした強制わいせつの疑いで先週、書類送検された。

山口メンバーは被害者とNHKの「Rの法則」という番組で知り合っていたということだ。

山口メンバーと女子高生とはすでに示談が成立していて、女子高生は被害届を取り下げる手続きを行っているいうことだ。
出典;FNNプライム

ここで被害者の女子高生と山口達也メンバーの接点が特定されていますね。

NHKの「Rの法則」という番組でした。

「Rの法則」は、中高生が気になる話題や価値観をランキング化するリサーチ番組であり、中学生や高校生を中心とした若者がMCの山口達也メンバーらと意見を言い合う内容番組でした。

中学生や高校生のメンバーは定期的に入れ替わっているようですが、強制わいせつがあったとされた際のメンバーがtwitterによると。。。

この8名。

これだけでは1人に絞ることはできないのですが、、、

どうやら赤沼葵だけが、「4/11を最後にtwitterを停止」「このタイミングでインスタ非公開

となっていることから、疑惑が浮上しているのでした。

まぁ、これだけでは彼女と断定するには弱い気もしますが、果たして真相はどうなのでしょうかね。。。

スポンサーリンク

山口達也メンバーはやはりロリコンだったの声も

出演者に女子中高生が多かったことから「Rの法則」自体が「ロリコンホイホイ」と揶揄されていたようですが、ネットでは「山口達也はロリコンだったの?」という声が散見されていますね。

実際にそうだったかどうかは、本人のみが知ることではありますが、女子高生に手を出してしまったとなると、ロリコンと言われてしまっても仕方のないことかもしれないですね。


出典;COCOJAPAN

疑惑の域を出ないですが、もし被害者が赤沼葵だったのであれば、、、

やはり、そう思われても仕方ないですね。

TOKIOの山口達也メンバーということだけに、さらなる情報が出てくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする