アラーキーの虐待の数々が酷い!精神的病院行きのモデルも。。。

世界的な写真家、アラーキーこと荒木経惟さんですが、被写体を務めていたkaoriさんの告白を始め、多くのモデルが荒木さんから色んな形で虐待を受けていたのでは、ということが話題になっています。

中には精神病院に通うようになったモデルもいたとか。。。

ブラックボックスは芸術家の世界。

何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

アラーキーからの虐待?を受けたのは誰?

kaori

2001~2016年まで荒木氏の被写体モデルを務めていたkaoriさんが、「note」で荒木さんからうけた経済的・精神的虐待とも言える数々を告白したことに端を発しています。


出典;vogue

その告白文の中には、「無断で写真集が出版」されていたり、「セクハラ行為」を受けていたことが記載されていました。

また「報酬がきちんと支払われなかった」こともあるようで、様々な虐待まがいのコトが重なり、精神的に追い込まれていったようです。

一時は自殺も考えるほど追い込まれていたとも語られています。

水原希子


出典;livedoor

kaoriさんの告白を受けて、モデルの水原希子さんもかつて荒木さんに撮影の強要などの被害を受けていたことを公表しています。


出典;livedoor

スポンサーリンク

水原希子さんは、「かおりさん 長い間どれ程苦しかったか、辛かったか、想像するだけでも心が痛みます。勇気をもってこの話をシェアして下さった事に感謝します」と述べています。

今までアラーキーが大御所と呼ばれていたため誰も声をあげることができなかったようですが、勇気ある第一歩が知られざる真相を明らかにしていってますね。

水原希子さんの告白の中には、広告撮影の際に上半身裸で胸を隠しての撮影をした際に、その時だけ何故か男の人が沢山現れて、撮影がそのまま行われたことに対する、精神的な苦痛を味わったことが書かれています。

なんか、凄くイヤなものですね。。。

モデルの仕事だからといって、何をしてもいいというわけではないでしょうに。。。

湯沢薫


出典;暮らしとおしゃれ

湯沢薫さんもかつて荒木さんから性的虐待を受けたことを告白しています。

去年の8月のことのようですね。

この告白の中では、他にも荒木さんの性的虐待の被害者がいると述べられています。

kaoriさんや水原希子さんもその1人だったのかもしれないですね。

スポンサーリンク

ネットの反応

仕事とはいえ、女性としてやはり最低限の配慮はされて当たり前だと思う。
出典;Yahooニュース

裸の撮影の時たけ
男性が増えるって
ただのセクハラだよね
許せないよ
出典;Yahooニュース

モデル業界も芸能界と同様。ブラックだね。それでも目指す若者がいるのも皮肉なものだね。
出典;Yahooニュース

モデルなんだから文句言うなとか、辞めればという意見があるけど、
ブログ読むと、仕事に見合う報酬が支払われなかったり、撮影をきっかけにストーカー被害にあっても何も対応してくれなかったり、
アラーキーってブランドがあるから撮ってやるだけでもありがたいだろ?的なパワハラ的構造があったのが問題なんですよね。
出典;Yahooニュース

昔から色んなウワサの絶えないアラーキーこと荒木さんでしたが、こう問題が浮き彫りとなると、いかに芸術家のスタンスがあるといっても、説明の必要があるかもしれないですね。

芸術家だから、一般的に見たパワハラ、セクハラが許されるというものではないはずです。

彼女たちの勇気ある行動におり、日の目が当たらなければ、さも当然のごとくこの先も続いていたと思いますので。。。

知られざる芸術界の闇の部分を見たような気がしますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする